読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸福実現党の分析

幸福実現党が選挙で勝つ為に様々な数字を分析する

幸福実現党が選挙で勝つために

幸福実現党の支持者や幸福の科学の信者の方向けの記事です。

 

幸福実現党が選挙で勝つためにできること

目標に達するための手段。目的を遂げるためのやり方。

答えに辿り着く道筋は色々な方法がある。

 

一つは無党派層の取り込みである。

特に支持政党がない人が幸福実現党に興味を持ったとしたら

20代~40代の大半はネットで調べるだろう。

まあ「大事なことはネットで調べない方がいいという意見も勿論ある。

 

ただ普通の人にとって幸福実現党幸福の科学に興味を持って調べるというのは

好きなタレントやスポーツ選手、マンガやアニメのことを

インターネットで調べるという日常生活の延長であり普通の行為だ。

インターネットが普及して10年以上が立った現状を認識する必要がある。

 

そういった人がネットで幸福実現党幸福の科学について調べるとする。

現状としてネットの情報の多数は幸福の科学のアンチで溢れている。

 

何故か?

 

アンチの言ってることは荒唐無稽だし、

アンチの方を嘘つきだと非難することは容易い。

 

私はアンチを説得するつもりもないし、

アンチをウソつきだと証明するつもりもない。

 

幸福の科学の信者でもない、幸福の科学のアンチでもない

普通の人に向けて、幸福の科学の一面が分かってもらえたらいいなと思っている。

 

そのために何ができるか?

 

普通の人に向き合うためには、普通の人の目線で考えるべきだ。

わざわざ信者の方にアンチのブログを熱心に読めとは言わないけど、

アンチだかろといって数字を頭から拒否するのは間違っている。

 

私はアンチの扱う数字が全て嘘とは思ってない。

計算に使う数字は間違ってないが、公式が間違っていると言いたい。

アンチが扱う数字、

幸福実現党の党員数、選挙結果、映画の観客動員数など

すべて根拠がある数字であり、

その根拠を自分で殆ど調べもせずにアンチの数字が間違ってる!

といっても意味が無い。

 

このブログでも様々な数字を扱う。

当然ながら、ひとつひとつ根拠のある数字を扱っているが、

その根拠をいちいち明らかにすると大変なことになる。

勿論、数字に誤りがあれば訂正するが、

根拠に疑問がある方はある程度調べて欲しいし、

調べたうえで質問して指摘して欲しい。

 

相手の言い分を拒絶することは簡単だけど、

アンチの言い分を拒絶し続けた結果としてアンチが溢れる状態になった。

 

この状況はできれば変えたいと願っているます。

 

私としてはアンチの幸福の科学の教義的な批判(教えが正しくない!)について

いちいち論争しない。世の中の人は信者とアンチの教義論争に興味なんてないし。

 

残念ながら幸福の科学の信者さんのブログは

結局のところ同じ信者の方向けに書かれている

あまり普通の人を意識していない。

もう少し普通の人を意識してブログをかけばいいのにって思うけど

それは個人が趣味でやってることなので仕方ないこと。